RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ミュージアムブログ 【別館】

高島市及びその周辺の自然観察 〜野生の動植物レポート〜
自動車の“遭難”!?
0
    自動車の“遭難”!?

    投稿者:西田 勇
    観察日:11年02月23日
    観察場所:滋賀県高島市今津町深清水

    またまた雪で車が動かなくなりました。

    R161号線の側道で、もう雪が少なかったので進んで行ったんですが、このありさまです。

    今度は過去の経験により、スコップを持っていましたので腹減らしの運動だけですみました。

    この日はこの運動だけでお終いです。(^^;)
    | 雪上の事故 | 19:10 | comments(31) | trackbacks(0) | - | - |
    遭難す
    0
      遭難す

      投稿者:西田 勇
      観察日:10年1月11日
      観察場所:滋賀県高島市マキノ町知内川左岸

      1月11日、上開田(カミカイデ)から田んぼの間の小道(舗装されている)を車で進んで行きました。積雪は20cmくらいでした。天気はほぼ快晴でした。

      すでに轍(ワダチ)がありましたので、こちらは四駆でしたからかるく考えて突き進みました。

      (1.)は明王の禿&赤坂山(824m)ですが14時17分頃、(2.)の車は15時44分頃の写真撮影です。

      ところが、進むにしたがって少々積雪も増えたでしょうが、そんなに増えたとは思われません。で、だんだん進み難くなってきました。

      そうとう努力して突っ切ろうとしました。バックするにももうかなりの距離となっていたからです。

      雪の状態を見てみて、車の底が雪で固めて進んだところをスリップしたようになっていました。

      私はあせらずに少しまえへ進み、また、バックすると云うことを繰り返してちょっとづつ進んでゆきました。この間大変な手間と時間をかけて知内川の上流目指してつき進みました。

      しかし、時間が足りません。もうこの辺が限界だと云うところで、とうとう車を放棄し歩きだしました。この辺はよく知っている道でしたので歩いて集落のあるところまで行けば何とかなると考えたのです。

      知内川を橋で渡り、やっと人家のところまでやって来ました。初めその人家が殆ど雨戸をしていて、ちょっと気になりましたが、やっと民宿経営の家で無理を頼みこみ、電話をかりてJAFへ連絡をとりました。

      やはり思っていたようにJAFは車が出払っていて、一時間くらい待てとのこと、もうかなりの時間になっていましたので、民家の方にも迷惑がかかるし、“私のところの家で待つと云うことでもよいか”と尋ね、とうとう家まで帰ることになりました。

      ま、この間かなりの紆余曲折があったのですが、どうにか帰れてやれやれでした。

      最後、自宅に帰れたのは夜の8時半くらいになっていました。


        **********************************************


      ちょっとした「遭難」さわぎでした。

      ただ、これでちょっとしたことが分かったのですが、小荒路から知内川の方にかけて、夜、鹿がかなりウロウロしているのです。JAFの運転手の方は、気持ち悪いと云っていました。しかし、私は違ったことを感じました。
      “こりゃ鹿のいい写真がとれるぞ・・・。”

      この結果は、またここに写真を掲載して報告しなければならないと思っています。しかし、なかなかいいチャンスがやってきません。その内に報告したいと思います。

       **********************************************

      ☆1月18日追記:1月15日機会があって、夜9時頃に鹿の写真を撮りに行ったのですが、意外にも鹿が全くいませんでした。何故なのか考えたのですが、私が行く少し前に誰かが写真を撮りにゆくなりしたか、車が走り回ったか、熊なりが現れたか・・・? うちのワイフによれば“鹿がいつも同じところにいるわけがない・・・。”、、、トホホ、これが正解かもしれないですね。鹿の写真撮影に入れ込んでいるものと、そんなのおよそ興味ないものとの差が出ましたですね。

      また機会があれば写真を撮りに行くつもりです。




      | 雪上の事故 | 04:47 | comments(25) | trackbacks(0) | - | - |