RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ミュージアムブログ 【別館】

高島市及びその周辺の自然観察 〜野生の動植物レポート〜
クロウリハムシ(初)
0
    クロウリハムシ(初)

    投稿者:西田 勇
    観察日:09年9月15日
    観察場所:高島市マキノ町大沼

    クロウリハムシがユズの木にいました。アゲハ幼虫と一緒にです。

    クロウリハムシの幼虫は、ダイズ、ウリetc.の根を食べます。

    L:6〜7mm
    | 昆虫2009年夏編 | 05:52 | comments(52) | trackbacks(0) | - | - |
    アリとアオオビハエトリの戦い(新)
    0
      アリとクモアリの戦い(新)

      投稿者:西田 勇
      観察日:09年8月26日
      観察場所:高島市マキノ町大沼

      アリとアオオビハエトリ♀がにらめっこしています。

      アオオビハエトリ(左)は、アリを見つけるとアリの後ろから攻撃し、逃げるアリの脚を数回にわたってかみついては離れ、少しずつ弱らせて捕まえます。

      但し、この写真の戦いはどうなったか、、、?です。
      | 昆虫2009年夏編 | 14:24 | comments(58) | trackbacks(0) | - | - |
      コガタコガネグモの卵のう(新)
      0
        コガタコガネグモの卵のう(新)

        投稿者:西田 勇
        観察日:09年9月3日
        観察場所:高島市マキノ町大沼

        コガタコガネグモが卵を産んで、金網にくっつけていました。

        朝の5時半くらいだったのじゃないかと思います。その行動中の写真を撮りたかったのですが、カメラの内蔵ストロボでやらないと、きれいに撮れないのが分かっていました。

        、、、が、そんなことするとコガタコガネグモはかなり気が小さく、産卵行動を止めてしまうおそれがあるので、私は明るくなってから写真を撮ることにしました。

        その時の写真です。
        | 昆虫2009年夏編 | 15:51 | comments(44) | trackbacks(0) | - | - |
        真っ赤なナツアカネ
        0
          ナツアカネ(初)

          投稿者:西田 勇
          観察日:09年9月16日
          観察場所:高島市マキノ町大沼

          真っ赤なナツアカネが見られました。
          ♂は、成熟しますと真っ赤になります。

          見事に赤いですね・・・。

          アキアカネと見比べてみて下さい。かなり赤いことが分かります。
          ナツアカネは、アキアカネのような山の頂上への移動はしません。夏の暑さにも平気と云うことですね。

          連結産卵も見られます。♂が前、♀が後ろに連結して水田や草原(クサハラ)上で行う産卵です。卵はしばらくして水に流され水中で孵化(フカ)します。

          ♂♀とも成熟しますと赤くなります。特に♂は、複眼まで含んで真っ赤になります。

          幼虫は水中の小動物を食べます。

          L:34〜38mm アキアカネに比べてやや小さいです。

          | 昆虫2009年夏編 | 17:10 | comments(59) | trackbacks(0) | - | - |
          コガネグモの幼体(最終)
          0
            コガネグモの幼体

            投稿者:西田 勇
            観察日:09年9月7日
            観察場所:高島市マキノ町中庄

            JR近江中庄駅のコガネグモの幼体は、これが最終となりました。
            9月10日に行きましたが、もういませんでした。

            そこで問題になるのは、昨年、暮れまでいた同駅の上りホームへの階段にいたコガネグモです。昨年12月の23日まで居たコガネグモですが、これはどのようにしてそれまで生きていたのでしょうか・・・?

            私はちょっと困ってしまい、考えたのですが、この幼体がホームの下(線路の反対側)に落ちて行き(ここまでは普通のことです)、その後に暖かい日々があり、また栄養状態がよかったので或る程度成長して(事実、一匹は中途半端な大きさでした。)そして12月23日までその比較的暖かい、また、蛾etc.の餌がいる階段にやってきて過ごした・・・と云う推理・推測はいかがでしょうか、、、。コガネグモのことでお詳しい方の意見をお待ちします。

               **********************************************

            なお、もう一匹、通常の成体のも11月にいました。
            | 昆虫2009年夏編 | 16:57 | comments(7) | trackbacks(0) | - | - |
            ダイミョウセセリ(初)
            0
              ダイミョウセセリ(初)

              投稿者:西田 勇
              観察日:09年8月30日
              観察場所:高島市マキノ町大沼

              セセリチョウの仲間も、細やかな点など、かなり識別(同定) に困ります。

              このダイミョウセセリは、関東型、関西型と細かに見て行かないと、いけません。

              写真のは関東型と見ているのですが、よく見ますと関西型にある後ろ翅(バネ)の線状の斑点が見えます。
              この高島市は関西-関東の境に比較的近く、一般によく関東型の生きものに近いものを見ます。このダイミョウセセリは、分け目は若狭湾-伊勢湾を結ぶ線なんだそうです。

              なお、雌雄の斑紋の違いはありません。

              幼虫の食餌植物は、ヤマノイモetc.です。

              L:33〜36cm(開帳)
              | 昆虫2009年夏編 | 05:39 | comments(20) | trackbacks(0) | - | - |
              コガタコガネグモの戦い
              0
                コガタコガネグモ

                投稿者:西田 勇
                観察日:09年8月28日
                観察場所:高島市マキノ町大沼

                コガタコガネグモですが、私のところの庭&その近辺には何故か分からないのですが、多く(5匹以上)います。

                大体、どういう分けでコガタコガネグモが私のところのにいるのか・・・?
                その他の場所では殆ど見ていません。

                ところで、このコガタコガネグモの写真(2.)を見ていただくと、かなり戦いがあるようです。

                一見、気が弱そうなコガタコガネグモですが、個体によってかなり“性格”が違うようです。
                ちょっと面白い昆虫です。
                | 昆虫2009年夏編 | 06:55 | comments(11) | trackbacks(0) | - | - |
                ウドンゲ
                0
                  ウドンゲ

                  投稿者:西田 勇
                  観察日:09年9月1日
                  観察場所:高島市マキノ町大沼

                  ウドンゲとは、クサカゲロウの卵のことです。

                  この写真ではツル性の植物(サルトリイバラ?)の葉に産んだんですね。

                  | 昆虫2009年夏編 | 02:39 | comments(27) | trackbacks(0) | - | - |
                  ジョロウグモの背中の変化
                  0
                    ジョロウグモの背中の変化

                    投稿者:西田 勇
                    観察日:09年8月30日
                    観察場所:高島市今津町深清水

                    ジョロウグモは今まで幼体でしたから、背中の模様はややこしい模様でしたが、ようやく成体の模様のが現れました。第一号です。この後、どんどんこの模様のが見られます。

                    背中の模様は幼体の方が魅力的ですね・・・。

                    右上のは、♂の筈です。
                    | 昆虫2009年夏編 | 09:14 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
                    ヒメジャノメ(新)
                    0
                      ヒメジャノメ(新)

                      投稿者:西田 勇
                      観察日:09年8月30日
                      観察場所:高島市マキノ町大沼

                      ヒメジャノメは、明るい草地をゆっくりと飛びます。

                      本州では年3〜4回発生します。

                      幼虫越冬です。

                      明るい平地〜低山帯でよく見られます。

                      夕方、人家辺にも現れます。

                      幼虫の食餌植物は、ススキ、チジミザサetc.です。

                      ジャノメチョウは、色彩が地味ですね、、、。

                      開帳:40〜50mm
                      ※註:今後、チョウの大きさは原則的に、開帳(左右の前羽の先端を測った長   さ)でゆきます。
                      | 昆虫2009年夏編 | 10:43 | comments(60) | trackbacks(0) | - | - |