RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ミュージアムブログ 【別館】

高島市及びその周辺の自然観察 〜野生の動植物レポート〜
タネツケバナのロゼット
0
    タネツケバナのロゼット

    投稿者:西田 勇
    観察日:平成19年3月4日
    観察場所:マキノ町大沼

    ある自然観察クラブの仲間に、タネツケバナを大事にして根ごと持って帰ろうとする方がいました。
    私はそれを見て、ちょっと驚いて“そんなもの持って帰ってどうするのか?”と云ったのですが、、、今、このロゼットを見て、イヤなかなかのものだぞって思いました。

    タネツケバナの花は小さくて、あまり見てくれはよくありませんが、そのロゼットはなかなかのものです。
    今頃気がつく私も、たいしたことないなと思います。(~_~;)

    ※註:滷隠固1月29日付け「タネツケバナ」
    | 昆虫 2006冬編 | 04:21 | comments(49) | trackbacks(0) | - | - |
    クサギカメムシ
    0
      クサギカメムシ

      投稿者:西田 勇
      観察日:平成19年3月4日
      観察場所:マキノ町大沼

      クサギカメムシが、いよいよ活動を開始し出しました。

      寒い間住宅などの中に避難し、殆ど動きを見せなかったのですが、ようやく動ける気温になってきたようです。

      住宅内で動きまわれるよりも、外へ出てくれた方がいいですね、、、。くさいにおい、いやな汁をまきますので、、、。

      尤も、農家の方たちには、決して喜ばれません。ミカン、カキ、マメ類の果実の汁を吸うからです。

      ま、クサギカメムシは損な立場にいて、かわいそうでもあります。
      | 昆虫 2006冬編 | 23:53 | comments(133) | trackbacks(0) | - | - |
      キチョウ(初)
      0
        キチョウ(初)

        投稿者:西田 勇
        観察日:平成19年3月4日
        観察場所:マキノ町大沼

        この日(3月4日)はポカポカ陽気で、昼は20℃を上まわりました。

        キチョウが一斉に動き出しました。10匹近く見ました。これは秋型で、越冬したヤツです。越冬態は成虫です。

        幼虫の食草は、ネムノキ、ハギ、クサネム等です。

        北海道を除く全国に分布します。
        | 昆虫 2006冬編 | 05:35 | comments(108) | trackbacks(0) | - | - |
        ホソヒラタアブ(初)
        0
          ホソヒラタアブ(初)

          投稿者:西田 勇
          観察日:平成19年2月26日
          観察場所:今津町深清水

          ホソヒラタアブの初認です。花はタンポポです。

          1cmくらいです。空中停止が得意です。

          幼虫はアブラムシを食べます。

          いよいよ昆虫のお出ましです。

          これから、面白くなってきますね・・・。
          | 昆虫 2006冬編 | 00:28 | comments(49) | trackbacks(0) | - | - |
          ナナホシテントウ(初)
          0
            ナナホシテントウ

            投稿者:西田 勇
            観察日:平成19年2月26日
            観察場所:今津町深清水

            ポカポカ日和、、、ナナホシテントウが枯葉の上を歩きまわっていました。

            やっと、昆虫らしい昆虫の登場です。初め飛ぶことは出来なかったのですが、、、日に当たっていて体温が上がり、飛び出しました。

            ※:今日(2月26日)は、写真は撮れなかったのですが、タテハチョウらしいチョウが畑の上を飛びました。
            | 昆虫 2006冬編 | 22:46 | comments(30) | trackbacks(1) | - | - |
            コガネグモの卵のう
            0
              コガネグモの卵のう

              投稿者:西田 勇
              観察日:平成19年1月19日
              観察場所:マキノ町大沼

              自転車のカバーをめくると、コガネグモの卵のうが出てきました。

              これは、昨年の夏のおわり〜秋に産み付けられたものです。

              今年、春には幼虫が出てきます。

              ※註:クモは昆虫ではないのですが、一般向け虫の図鑑etc.ではクモに準じて扱っていますので、ここでも「昆虫」として扱いました。  
              | 昆虫 2006冬編 | 08:35 | comments(40) | trackbacks(0) | - | - |
              ハラビロカマキリの卵のう
              0
                ハラビロカマキリの卵のう

                投稿者:西田 勇
                観察日:平成19年1月19日
                観察場所:マキノ町大沼

                自転車のビニールカバーの裏側にハラビロカマキリの卵のうがありました。

                普通のものより小さめです。

                去年の秋に造ったものです。(色合い、形で分かります。)
                | 昆虫 2006冬編 | 00:20 | comments(16) | trackbacks(0) | - | - |
                クロアゲハの3齢幼虫健在
                0
                  クロアゲハの3齢幼虫健在

                  投稿者:西田 勇
                  観察日:平成19年1月11日
                  観察場所:マキノ町大沼

                  クロアゲハの3齢幼虫ですが、この寒い日々を生き抜いて健在です。

                  この後、どうなってゆくのでしょう・・・?

                  水でぬれているのは、雨水によります。

                  今夜は、2.8℃ (23時30分現在)です。割と暖かい方でしょう、、、。朝方冷え込むかもしれません。
                  | 昆虫 2006冬編 | 23:21 | comments(80) | trackbacks(0) | - | - |
                  クロアゲハの3齢幼虫
                  0
                    クロアゲハの3齢幼虫

                    投稿者:西田 勇
                    観察日:平成19年1月4日
                    観察場所:マキノ町大沼

                    「クロアゲハの終齢幼虫・3齢幼虫」は12月21日付けUPしていますが、1月4日〜6日にまだ3齢幼虫がミカンの葉にいました。

                    4日13時頃には日が照って暖かくなっていましたので、葉を食っていました。触ると頭をもたげました。ツノ(肉角)は出しませんでした。1月1日未明には、−2℃にまで気温は下がってましたのに、元気ですね・・・。

                    なお、終齢幼虫はどこかで蛹(さなぎ)になっていると思いますが、やはり見つかりません。

                    ひょっとして、今後「地球温暖化」のためアゲハチョウの仲間は「幼虫越冬」とか「卵越冬」になってゆくかもしれませんね・・・? この辺は興味深いのですが、、、。それでも「完全変態」は変らないでしょうから、春に蛹(さなぎ)になるのでしょうね、、、。

                    チョウの専門家、おられましたらフォローをお願いします。
                    | 昆虫 2006冬編 | 05:24 | comments(59) | trackbacks(0) | - | - |
                    ツマグロオオヨコバイ
                    0
                      ツマグロオオヨコバイ

                      投稿者:西田 勇
                      観察日:平成19年1月5日
                      観察場所:マキノ町大沼

                      この日は暖かく、成虫越冬している昆虫が出てきてもおかしくない日和でした。
                      ツマグロオオヨコバイは、成虫で越冬します。

                      この冬は、成虫越冬している昆虫たちも戸惑っていることでしょう。

                      L:13MMくらい
                      | 昆虫 2006冬編 | 09:51 | comments(50) | trackbacks(0) | - | - |