RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ミュージアムブログ 【別館】

高島市及びその周辺の自然観察 〜野生の動植物レポート〜
ヤマアジサイに来たアオスジアゲハ
0
    ヤマアジサイに来たアオスジアゲハ

    投稿者:西田 勇
    観察日:平成18年6月5日
    観察場所:今津町深清水 百瀬川

    アオスジアゲハを自宅庭で見たのは何日のことでしたか、、、?
    なかなか写真に撮らせてくれません。楠も二本用意してあるのに、、、!?

    幼虫の食草はクスノキetc.です。もう少しすれば、産卵にやって来ると思います。
    | 昆虫 2006春編 | 02:03 | comments(63) | trackbacks(0) | - | - |
    コガネグモ
    0


      投稿者:西田 勇
      観察日:平成18年6月12日
      観察場所:今津町深清水・マキノ町大沼

      コガネグモが大部大きくなりました。

      今津町深清水で別の場所ですが、二匹います。また、自宅庭にこれも別の場所ですが、ここにも二匹います。

      ここにUPしていますのは、今津町深清水のものです。

      まだちっちゃいうちは、十字の「かくし帯」はしっかりしていますが、だんだん、どれかがあいまいになってきて、三本か二本しか見られなくなってきます。

      JR近江中庄駅近辺にもいる筈ですが、先日は見つかりませんでした。
      明日あたりまた見に行ってきます。(JRの乗客から、“何の写真を撮っているのか、、、?”と尋ねられます。列車の写真撮りとはちょっと雰囲気が違いますしね、、、。(^^))

      この「コガネグモ」ですが、明治11年に愛知県の病院に赴任してきたオーストリア人のローレッツが発見したものです。学名「amoena」は、ラテン語で「優美な」とか「魅惑的な」という意味の語からきています。私の好きなクモのひとつです。(^^)v
      | 昆虫 2006春編 | 23:59 | comments(87) | trackbacks(0) | - | - |
      ウドンゲの花の蕾み&アブラムシ
      0
        ウドンゲの花の「蕾み」

        投稿者:西田 勇
        観察日:平成18年6月10日
        観察場所:今津町深清水

        カラスノエンドウにアブラムシが付いていたのですが、写真に撮ろうとすると「ウドンゲの花の蕾み」が見つかりました。

        もうしばらく待ってウドンゲの花の開花後にUPしてもよかったのですが、草刈にあいますのでさっさと撮影しUPしました。

        なお、ウドンゲの花は「クサカゲロウの卵」のことです。「ウドンゲの花」の方がよく通ってますけどね、、、。

        アブラムシは、「ソラマメヒゲナガアブラムシ」と思います。
        | 昆虫 2006春編 | 22:13 | comments(21) | trackbacks(0) | - | - |
        ヒラタクワガタ
        0
          ヒラタクワガタ

          投稿者:西田 勇
          観察日:平成18年6月3日
          観察場所:高島市マキノ町大沼

          夜、窓の外にヒラタクワガタがとまっていました。まだ、夜は寒いくらいのこともありますが、日によっては暖かくその日は夜でも暖かかったようです。その後、姿を見せません。(ヤモリはそれ以上に・・・5日程早く流しの窓にやって来ていました。)

          クヌギの樹液はもう出ているようですが、匂いはいまいちです。夜、まだ見に行ってません。梅雨が明けてカッと暑くならないとなかなかカブトムシ・クワガタがどっと出て来ません。
          | 昆虫 2006春編 | 19:12 | comments(38) | trackbacks(1) | - | - |
          オニグモの登場
          0
            オニグモの登場

            投稿者:西田 勇
            観察日:平成18年6月6日
            観察場所:高島市マキノ町大沼

            4日前(6月3日)の夜に気づいたのですが、おもての軒と樹との間にオニグモが円網を張っていました。

            写真の出来があまりよくなかったので、ここに出すのは後回しになっていたのですが、昨夜(6月6日)脚立を持ってきて、ま横から撮影しやっと投稿する気になりました。

            オニグモと云うやつはなかなか面白いヤツで、夜ネットを張り朝方にはそれをたたんで、昼間は軒などに姿をかくしてしまいます。ですので夜見ておかないとその存在すら気づきません。

            ここで面白いのが、関西ではオニグモは朝方糸を丸めて食べてしまうのですが、関東ではネットをそのままにしておいて、夕方に食ってから新たに円網を張るということが普通だと云うことです。

            それで、こちらは関西であることを確認しています。(^^)v

            L(成体):♀20mm〜30mm、♂15mm〜20mm

            なお、クモは正確には昆虫ではないのですが、一般には一緒に扱っていることが多いので、これに倣いました。
            | 昆虫 2006春編 | 01:20 | comments(14) | trackbacks(1) | - | - |
            アゲハチョウの幼虫(初認)
            0
              アゲハチョウ(ナミアゲハ)の幼虫(初認)

              アゲハチョウの幼虫(3齢幼虫?)が見つかりました。初認です。
              木はサンショウです。

              ちょっと油断していたのですが、、、アゲハチョウは、蛹越冬です。
              そしてこの春成虫に変身(羽化)し、それが卵を生み孵化してこの幼虫に成長したのです。

              自宅庭ですら、あまりキッチリと見ていない証拠です、、、。(-_-;)
              | 昆虫 2006春編 | 06:57 | comments(23) | trackbacks(0) | - | - |
              イバラヒゲナガアブラムシ
              0
                イバラヒゲナガアブラムシ

                投稿者:西田 勇
                観察日:平成18年5月22日
                観察場所:今津町深清水

                イバラヒゲナガアブラムシ・・・長ったらしい名前ですね、、、。

                この写真ではカラスノエンドウに付いていますが、ノイバラの新しい梢の軸や栽培されたバラの新軸についていることが多いようです。

                はねのある(有翅型)のもいます。

                アブラムシは植物の栄養を吸いとりますので、イバラヒゲナガアブラムシだけでなしにアブラムシ全体として、どう対処すればいいか、、、? ですが、アリが食ってくれると思っている人がいるのですが、実はアリはアブラムシの見方で、外敵からの攻撃を守る方です。何のために、、、?

                アリはアブラムシから出る糖分をもらい、外敵からアブラムシを守ります。敵ではなく、味方なのです。

                銀ガミを根元に張りつければ効果があると云うのを聞いたことがあります。が私はやったことがありません。

                で、、、どうしているか、、、ですが、私のアブラムシ対策は、指でズビズビズビ・・・と採ります。ウヘヘヘですね。だけど一番手軽で手っ取り早いです。但し、指がアブラでべたべたになります。尤も、これでアブラムシには油がいっぱいとよく分かります。

                L:2〜3mm

                なお、私は自宅庭ではスミチオンetc.殺虫剤は撒かない主義です。
                | 昆虫 2006春編 | 02:49 | comments(54) | trackbacks(0) | - | - |
                ゴミグモ
                0


                  投稿者:西田 勇
                  観察日:平成18年6月1日
                  観察場所:今津町深清水

                  久しぶりにゴミグモを見ました。

                  このクモは、まるでゴミのような一本のひも(ゴミリボンと云う)に自らをおいて、姿を隠します。

                  この写真では、ちょうど真ん中辺にいます。

                  網を張り替えるときは、ゴミリボンを持ってゆき垂直円網をはると、そこに
                  また張り付けます。

                  クモには、なかなかの知恵があるようですね、、、。

                  L:♀:12〜14mm、♂:7〜8mm
                  | 昆虫 2006春編 | 18:27 | comments(69) | trackbacks(0) | - | - |
                  キンモンガ
                  0
                    キンモンガ

                    投稿者:西田 勇
                    観察日:平成18年5月29日
                    観察場所:今津町深清水 「ビラデスト今津」

                    キンモンガが見られるようになっています。

                    もう少しすれば、赤坂山(824m)方面などへ行くとよく見られると思います。

                    幼虫の食餌植物はリョウブです。

                    開帳(羽を広げての最長部分の長さ・幅):40mm
                    | 昆虫 2006春編 | 07:06 | comments(71) | trackbacks(0) | - | - |
                    サラサヤンマ♀
                    0
                      サラサヤンマの♀

                      投稿者:西田 勇
                      観察日:平成18年5月29日
                      観察場所:今津町深清水 「ビラデスト今津」平池

                      一般のトンボとしても、あまり度々見られるものじゃありませんが、しかもサラサヤンマの♀の羽化の途上です。

                      まだ、羽も乾いていないので全く動きません。この段階でさわると、キアゲハ(4月28日付け)の場合同様、もうトンボとしてやっていけなくなります。

                      皆、そっとしておいてくれてよかったです。(「いまず自然観察クラブ」の行事の時にみつけられました。)

                      | 昆虫 2006春編 | 04:06 | comments(36) | trackbacks(0) | - | - |