RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ミュージアムブログ 【別館】

高島市及びその周辺の自然観察 〜野生の動植物レポート〜
アワフキムシの幼虫
0
    awahukimusi11.06.03 (2).jpg

    投稿者:西田 勇
    観察日:11年06月03日
    観察場所:滋賀県高島市マキノ町大沼

    アワフキムシの幼虫がアチコチで見られるようになりました。

    これはホシアワフキの幼虫だろうと思います。
    | 野草 2006夏編 | 11:34 | comments(132) | trackbacks(0) | - | - |
    赤坂山(824m)
    0
      akasakayama11.04.06.867.jpg


      投稿者:西田 勇
      観察日:11年04月06日
      観察場所:滋賀県高島市マキノ町上開田(かみかいで)

      赤坂山(824m)がきれいに見られました。
      | 野草 2006夏編 | 16:44 | comments(63) | trackbacks(0) | - | - |
      ヒカゲイノコズチ
      0
        ヒカゲイノコズチ

        投稿者:西田 勇
        観察日:10年8月16日
        観察場所:滋賀県高島市今津町深清水

        ヒカゲイノコズチは単にイノコズチとも云います。

        “日陰に生えているのでヒカゲイノコズチ”などと云っても、まんざらでたらめでもありません。一方、ヒナタイノコズチの方は殆どくっつかないようです。

        道端etc.どこにでも生える一年草です。

        節高の茎をイノシシの膝頭とみての命名のようです。

        種が成熟する程、よく衣類にくっつきます。草原を無造作に歩きまわりモーレツにこの種がくっつき難儀したことを思い出します。いや今でもよくやってしまいます。

        はなしがそれますがイノシシが自宅庭に入り込み、出る時にアルミの格子を
        ギュっと広げて出て行った後が、今でも残っていますが、そこにヒカゲイノコズチがいっぱいくっついていました。
        | 野草 2006夏編 | 17:52 | comments(42) | trackbacks(0) | - | - |
        シロバナタンポポが咲いていました
        0
          シロバナタンポポが咲いていました

          投稿者:西田 勇
          観察日:平成19年11月5日
          観察場所:今津町深清水

          春でもそうそう見られないシロバナタンポポが、今頃立派に咲いていました。

          そこは春にシロバナタンポポが、いくつか咲く場所です。
          | 野草 2006夏編 | 00:00 | comments(45) | trackbacks(0) | - | - |
          ハラビロカマキリ
          0
            ハラビロカマキリ

            投稿者:西田 勇
            観察日:平成19年10月14日
            観察場所:マキノ町大沼

            どういうわけか、自宅LRのテーブルにハラビロカマキリがいました。

            どうも洗濯ものにくっついて入ってきたようです。

            腹だけでなく、胴全体の幅が広いです。

            前翅にちっちゃな斑紋があります。

            | 野草 2006夏編 | 10:25 | comments(49) | trackbacks(0) | - | - |
            キマワリ
            0
              キマワリ

              投稿者:西田 勇
              観察日:平成19年8月24日
              観察場所:マキノ町大沼

              キマワリは、‘木の周りにいる’といった意味なんでしょうか・・・?

              クヌギetc.の枯れ木、朽木の材を食べます。

              越冬態は幼虫です。翌年、材の中で蛹(サナギ)になる完全変態です。

              L:16〜20mm
              | 野草 2006夏編 | 06:06 | comments(50) | trackbacks(0) | - | - |
              ムラサキツユクサ
              0
                ムラサキツユクサ

                投稿者:西田 勇
                観察日:平成19年7月9日
                観察場所:高島市畑

                「いまず自然観察クラブ」の植物の下調べで、高島市畑へ行って来ました。
                | 野草 2006夏編 | 22:38 | comments(10) | trackbacks(0) | - | - |
                カガノアザミ
                0
                  カガノアザミ

                  投稿者:西田 勇
                  観察日:平成18年9月2日
                  観察場所:今津町深清水 「ビラデスト今津」

                  アザミと云えば、オニアザミならよく知られていますが、、、。
                  | 野草 2006夏編 | 06:04 | comments(35) | trackbacks(0) | - | - |
                  アメリカイヌホオズキ
                  0
                    アメリカイヌホオズキ

                    投稿者:西田 勇
                    観察日:平成18年9月14日
                    観察場所:マキノ町大沼

                    アメリカイヌホオズキは、ちょっとワルナスビ(7月4日付UP済み)に似ていますが、よく見るとかなり違います。

                    茎がほっそりして葉も一般に幅が細いです。花枝には2〜5個の花がつき柄は一点から出ます。

                    果実は黒紫色です。もう既に下の方に実が付いていますが、まだ緑色ですね、、、。

                    北米原産の一年草で戦後帰化しました。

                    これは、実は自宅庭に咲いていました。鳥のプレゼントなのでしょうか、、、。
                    | 野草 2006夏編 | 05:12 | comments(111) | trackbacks(0) | - | - |
                    ダンドボロギク
                    0
                      ダンドボロギク

                      投稿者:西田 勇
                      観察日:平成18年9月14日
                      観察場所:今津町深清水 百瀬川

                      ダンドボロギクがいっぱい咲いていました。

                      ベニバナボロギクは、9月6日付けUPしていますが、これとよく似ていてうっかり間違えることも、、、? ベニバナボロギクの方は、特に根に近い部分で葉の幅が広いです。ダンドボロギクの方は何よりも花に紅色はありません。

                      最初に発見されたのが、愛知県の段戸山で、それでこの名があります。
                      | 野草 2006夏編 | 23:22 | comments(51) | trackbacks(0) | - | - |